トップページ > 空港サプライズ > 国産旅客機YS-11

国産旅客機YS-11

戦後、日本ではじめての国産旅客機として活躍したYS-11(ワイエスイチイチ)。
この機体は、航空局の飛行検査機として活躍した後、
阿蘇くまもと空港に隣接する崇城大学宇宙航空システム工学科で教材として活用してきたもので、
2014年12月から阿蘇くまもと空港の敷地内に展示されていました。

お知らせ
YS-11の特別公開・展示は、10月14日の空の日イベントをもって終了致しました。
熊本空港の民間委託に向けた取組みにおいて、展示場一帯が別棟ビルの建設予定地となり、YS-11を撤去することになりました。
これまで、多くの皆様に楽しんでいただき、本当にありがとうございました。